採用情報

代表弁護士 増山 晋哉

悩んでいる相談者様が、一刻も早く辛い状況を抜け出せるように尽くす

きわみ事務所の特徴、強みは?

インターネットで効果的な集客を行っていることで、各地から様々な悩みを抱える相談者様にご依頼をいただいているというところです。その多種多様なご相談の解決策をスムーズに提案できる体制を整えています。特に債務整理、過払い金返還については、多くの案件に対応させていただくことで経験値が蓄積され、更にサービスの質向上に繋げることができていると思います。

サービス向上のために、具体的にしていることは?

業務の分担制を整備し、オペレーションの効率化を図っています。具体的には、電話相談の受付、請求業務、業者交渉などを分担することによって、相談者様を待たせることのないスピーディーな対応ができています。

スピーディーな対応を重視する理由は?

債務整理の相談者様は現状で苦しんでいる方も多いので、一刻も早く今の辛い状況を抜け出せるように解決策をご提案するべきだと考えます。また過払い金返還についても、時効や返還期限の問題があるので、相談者様が不利にならないためにもスピーディーな対応は大切です。私自身も『対応はできるだけ早く』を意識していますし、スタッフにも伝えています。

他に相談者様への対応で大切にしていることは?

『親しみやすさ、距離の近さ』も意識しています。債務整理や過払い金についてはCMなどで耳にしても、ご自身ではわからない相談者様は、弁護士への相談は敷居が高く感じる方が多いです。また、有名な大手事務所は気後れするという理由で弊所を選んでくださる方もいるので、相談しやすい雰囲気をつくるように心がけています。

お客様の立場で考えながらも、客観的に見るバランス感覚が大切

スタッフとのコミュニケーションの方法は?

当事務所は、弁護士、事務スタッフの壁がなく、気兼ねなく相談できるフラットな雰囲気です。距離を縮めるために、雑談もよくしますし、朝礼で小話みたいなのをするようにしています。あと、社内報を月1回発行してスタッフのプロフィール紹介などを掲載しています。拠点が東京と大阪に分かれており、普段は顔を合わせられない人もいるので、スタッフ間が親しくなるよう工夫をしています。

働き方でスタッフに伝えていることは?

『お客様を大切にしても、自分も犠牲にならないように』という話はよくします。借金問題を解決するお手伝いは、大げさでなく人の人生に関わることもあります。 相談者様の悩みや問題への解決策を提案するのは、『人のために尽くす』仕事です。しかし、そのためにこちらが犠牲になる働き方は違うと思うのです。スタッフ自身も、家族やプライベートを充実させ、お客様もスタッフもみんなが幸せになっていただきたいですね。

きわみ事務所の業務に向いているのは、どんな人?

お客様の立場になって考えながらも、客観的に見ることができるバランス感覚をもっている人が向いているのではないでしょうか。お客様が言った言葉の中にもいろいろ背景があると思うのですけど、なにが原因で、なにに一番困っておられるのかに気づくには客観性が必要です。お客様の言葉をそのまま受け取るのではなく、その裏にある本意を読み取る思慮深さがあると、良いご提案ができると思います。

法務、税務、労務のあらゆる視点から提案できる身近な士業グループとして

きわみ事務所を立ち上げたきっかけは?

私は元々、単独で法律事務所を開業し、交通事故事件、個別労働紛争事件、債務整理事件などに携わってきました。ご相談をお受けする中で、法律は弁護士、税金は税理士、登記になると司法書士など領域によって分かれてしまい、相談者様に分かりづらくなってしまうことを常に問題意識として持っていました。そんなときに税理士の宮崎先生と出会い、相談者様の問題解決をワンストップで提供できる士業グループを作りたいと意気投合したのがきっかけです。

今後の展望は?

人が生きていく中で、日常生活では様々な面倒ごとに遭遇することがあります。その中には、弁護士や税理士などの専門家に依頼することで、面倒なことから解放されることも多々あります。

しかし、専門家に相談するのは、「敷居が高い」「専門用語が多くて難しそう」「担当領域が複雑で面倒」といった印象でなかなか踏み切れない方も多いと思います。悩みや問題を抱えた方が気軽に相談でき、相談者様の思いに沿った解決方法を法務(弁護士)、税務(税理士)、労務(社労士)のあらゆる視点から提案できる身近な士業グループとして、サービス拡張を目指していきたいと思っています。

代表弁護士 増山 晋哉

Profile

大阪府豊中市出身 昭和59年3月20日生
平成18年3月
同志社大学法学部 卒業
平成21年3月
神戸大学法科大学院 卒業
平成21年9月
司法試験合格
平成22年12月
弁護士登録 (登録番号43737)
平成22年12月
大阪市内の法律事務所に入所
平成26年7月
兵庫県内の法律事務所に入所
平成29年2月
磯上通法律事務所として独立開業
平成30年2月
弁護士法人きわみ事務所設立 現在に至る

先輩スタッフ A.S

『丁寧さ』と『スピーディーな対応』の両立

現在の業務内容は?

お客様からの相談窓口を担当しています。具体的には弁護士のサポートとして、ご来所やお電話いただいたお客様へのヒヤリング、解決策事例のご提示をしています。特に多く頂くのは「過払金請求」「債務整理」のご相談ですね。

お客様とのコミュニケーションで気をつけていることは?

一番は、お客様が話しやすくなるような雰囲気をつくることです。多くご相談いただく借金系のお話は、みなさん他人に話しづらい部分だとは思います。しかし、しっかり状況をお聞きしないと、適切なご提案ができないので、お客様が話しやすいようなかたちをつくります。

具体的には、お客様の出方次第で話す内容を変える、話し方のテンションにあわせて声色や話すスピードも変えています。また、弁護士事務所という堅苦しさを感じさせないために、フランクさも演出するようにしています。

大変だなと思うことは?

『丁寧さ』と『スピーディーな対応』の両方を実現しなくてはいけない点ですね。ご相談者様は早く解決したいという思いでお問い合わせされます。中には仕事の休憩時間であったり、ご家族が不在の合間だったり、限られた時間内で終わらせたいと望まれることが多いです。相談者様の悩みや不安に寄り添いながらも、スピーディーに対応できるよう頑張っています。

まだまだ習得中。ご相談者様との密な対話が成長への近道

仕事でのやりがいや面白みは?

例えば債務整理などのご相談については、その方の数年先や未来も変えるお手伝いをできるのは、素晴らしいことだとやりがいを感じます。特に過払い金返還では、ご相談者様の人生が変わるぐらい大きな額をお返しできることもあります。もちろん金額の大きさだけが重要ではありませんが、相談を迷っていた方が「A.Sさんに担当してもらって、本当に良かった」と名前を憶えてくださり喜ばれているときに、こちらもとても嬉しい気持ちになります。

ご自身の今後の目標は?

もっと法律や業務に関する知識を増やしていきたいと思っています。弁護士の先生から「自身の成長のためにも、わからないことをすぐ相談に来るのではなく、自分で一度考え、自分なりの回答を探すようにしないと成長できないよ」という言葉がすごく印象に残っているんです。そう言われて、確かにわからないことはすぐに聞いて解決していると反省しました。

CSや営業のコールセンターでは、マニュアルがあると思うのですが、弊所へいただくご相談の内容は、誰一人同じものはなく、悩まれている背景も様々です。日々、ご相談者様と対話する中で経験を積み重ねて知識を増やしていくことが、一番成長に繋がります。もっともっと知識をつけて、良い解決策をご提案できるようになりたいと思っています。

やる気と元気さえあればOK!

今後、入所される方へメッセージ

法律の知識は入所後に、しっかり研修をさせていただくので全く心配はいりません。私も法律知識が全くない状態で入所しましたが、アットホームな雰囲気と困ったときはチームで解決する風土があったので、抱えていた不安はすぐに吹き飛びました。

元気のある方に入所いただけると、また事務所が明るくなって、さらに楽しい職場になると思います。